講習を受けライセンスを取得して初めて見れる海の中

温泉で疲れを取りませんか

ダイビングの安全性

酸素の無い海中を潜るレジャーのダイビングでは、機材によって酸素が供給されています。そのため怖い印象がある方も多いですが、きちんと講習を受けルールを守れば特に危ないレジャーではありません。

» 詳細を確認する

講習に必要な料金

沖縄でジェットスキーをレンタルして綺麗な海を満喫しませんか?初心者でも問題ないので興味のある方は是非!

ダイビングライセンスを取得するのに必要な料金

海の中を自由自在に泳いで、日常を忘れて癒しの時間を過ごせると年齢層に関わらずに人気なのがスキューバダイビングです。スキューバダイビングは体験ダイビングもありますが、空気がなく注意事項をしっかり守って、自由自在に海中を泳いで楽しむには、しっかりとした講習を受けてライセンスを取得する必要があります。ダイビングライセンスの取得がかかった総額は平均して約6万円と言われています。しかし、料金には大きく差が合って物価の安い海外リゾート地では3万円程度、都心の温水プールを利用してインストラクターとマンツーマンで講習を受けて、時間をかけて講習を受けた場合には10万円以上かかることもあります。ダイビング器材を購入するか、レンタルするかによっても料金は大きく変わります。

金額だけでは決まらないライセンス取得

国際的に信用されているライセンスであれば、講習料金が違っても世界中どこの海で潜っても同じように認められます。しかし、スキューバダイビングは正しい知識と技術を身につけて、それを守って潜らないと大事故に繋がる可能性があるので、信頼のおけるダイビングショップで講習を受けるべきです。スキューバダイビングは健康に問題のない人であればだれでも潜れるようになるレジャーです。しかし、上達には個人差があるため、すぐには上級者向けのポイントに潜れるようにはなりません。継続して潜り続けられるように、自分のダイビングニーズに応えられるショップや、少人数制の講習をしてくれるショップを探して、ダイビングをはじめるようにしてください。

減圧症と飛行機

ダイビングが趣味の方は多く存在しますが、どこでもダイビングが可能なわけではなく、ポイントまで行く必要があります。飛行機を使用することもあり、減圧症を防ぐためにもダイビング後の飛行機利用は避けるべきです。

» 詳細を確認する

レンタカーの特徴

レンタカーといえば乗用車を思い浮かべる方も多いですが、実は様々な車種が用意されています。レンタカーの特徴に乗り捨てがあり、借りた場所に必ず返さなくても目的地に営業所があれば返却が出来ます。

» 詳細を確認する

沖縄の青の洞窟とは

洞窟の外から光が入り、海の水で青く輝いて見えるものを青の洞窟といい、国内では沖縄県にある洞窟が有名です。ダイビングする必要が有るため、観光客向けに体験サービスを行っていることもあります。

» 詳細を確認する

ページのトップへ戻る